薬物

【どんなときも・覚せい剤取り締まり違反】槇原敬之容疑者逮捕で各方面に影響!

タクム速報です。

今回お送りする話題は「どんなときも」で有名な歌手のマッキーこと槇原敬之容疑者が覚せい剤取り締まり違反容疑で2度目の逮捕された報道は各方面で多大な影響を与えそうだ。


タップ・クリックできる【もくじ】で読みたい記事にジャンプ!

事件の概要は?

この事件事故は が報道しています。

歌手の槇原敬之容疑者(50)が13日、覚せい剤取締法違反(所持)などの疑いで警視庁に逮捕された。逮捕のちょうど1週間前、6日には社歌「超えろ。」を書き下ろした関西テレビ(カンテレ)の夕方のニュース番組「報道ランナー」に生出演していた。

槇原容疑者は髪の毛のサイドを刈り上げ、口の周りにはサンタクロースのような髭(ひげ)が。髭の半分ほどは白髪で真っ白。もともと歯並びは良くなかったが、この日の放送では、ガタガタという印象だった。

スタジオではいつも通りにこやかな様子で、3月4日に発売予定だったセルフカバーアルバムなどをPR。同アルバムに収録されているダウンタウン・松本人志作詞、浜田雅功が槇原と歌うコラボ「チキンライス」(2004年発売)について「(2020年バージョンで)ピアノと弦だけでよりセンチメンタルに(仕上がっています)。また、歌詞がいいんですよ、松本さんの」と話していた。

またセルフカバーについては「いざ(自分で)歌ってみると難しい」と苦笑いしていた。

スタジオゲストの生出演の1週間後の逮捕に、午後5時36分に一報を伝えた新実彰平アナウンサーは、1999年にも覚醒剤取締法違反で逮捕されたことを伝えつつ、「更生をし、音楽活動をしているものと我々は思っていたんです」「大変驚きのニュースが入ってきました」と驚きを隠せない表情だった。

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200213-00000131-dal-ent

事件の報道内容でした。

逮捕された場所は?

報道では自宅がある神宮前ということです。

ネットの反応は?

ネットではどのような反応があるのか見ていきます。

・歯はガタガタって…
本人は「どんなときも。」が売れた後に
歯列矯正しようとしたんだけど、歯科医から
矯正したら歌声が変わる可能性があると言われて
断念したんだよね。
薬物中毒はいけないけど、元々の理由を取材も
せずに便乗して外見をディスるとは。
マスコミを安易に信用してはいけないんだと
考えさせられました。

・歯はガタガタって元々歯並び良くないし、50歳にもなれば髭に白いのが混じってもおかしくはないのでは。
再犯だし容疑者だけどもう少し書きようがあるのでは?と思います。
悪いことをしていたご自身が悪いのですけどね。

・なぜやるのか?
おそらく答えは「快楽」のため。
前回も彼氏といたところを逮捕された。
彼は決して曲作りに行き詰ったわけではないでしょう。

 

・薬やってそうなツラだろ?
結局人は見かけによるんだよ
清原もピエールもバカが擁護したってどうせもう薬やってる
バレるかバレないかだけ

・一度薬をしたら辞められない、脳が記憶してるから死ぬまで脳が覚えているから!

・どんどんやりなさい。
芸能界なら何度再犯しても戻れるからwww

ただの馬鹿ですね。話にならない。

・写真、キモいね。
こいつはどうしようもないやつ。一生ブタ箱とシャバの行き来。もうチャンスを与えたらダメ。こういうのに二度チャンスをやるとつけあがる阿呆が沢山出てくる。
見せしめにすべき。

・歯はガタガタって元からやろがヴォゲッ!
これだから日本の糞メディアは。
しかも日本のメディアは極道芸能界の金魚の糞!

ネットのコメントでした。

まとめ

才能のある人の犯罪を見るのは本当に嫌な気持ちになります。

一度薬に手を染めてしまうとなかなか抜け出ることは難しいのでしょう!

再起を祈るばかりです。