覚せい剤

槇原敬之(マッキー)が覚醒剤取り締まり違反容疑で2度目の逮捕!薬は誰と?共犯はいる?

タクム速報です。

今回お送りする話題は槇原敬之(マッキー)が覚醒剤取り締まり違反容疑で2度目逮捕された報道です。

槇原敬之容疑者の逮捕はテレビ局やラジオ局など様々な業界で波紋を呼んでいるようです。


 

タップ・クリックできる【もくじ】で読みたい記事にジャンプ!

事件の概要は?

この事件はサンケイスポーツが報道しています。

シンガー・ソングライター、槇原敬之容疑者(50)が13日、覚せい剤取締法違反(所持)と医薬品医療機器法違反(所持)の疑いで警視庁組織犯罪対策5課に逮捕された。逮捕容疑は一昨年に東京・港区の一室で覚醒剤や危険ドラッグ、ラッシュを所持していた疑い。

同課は認否を明かしていない。槇原容疑者は1999年に覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕され、有罪判決を受けている。デビュー30周年の活動に尽力する最中での2度目の逮捕。芸能界に衝撃が走った。

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200213-00000563-sanspo-ent

事件の報道内容でした。

逮捕された場所は?

報道では槇原容疑者が逮捕された場所は渋谷区神宮前の自宅とのことです。

覚せい剤は誰と?共犯者はいるの?

今回の報道では槇原敬之容疑者以外に逮捕者がいるようなことはいっていません。

警察も槇原敬之容疑者の認否を明らかにしていないことことから

共犯者がいたのかについても今のところ明かされていません。

今後の捜査の進展により何か判明しましたら随時アップしていきます。

ネットの反応は?

ネットではどのような反応があるのか見ていきます。

作品に罪はない」という人がいるが
印税が反社勢力に流れていることを考えなければならない
彼の場合は カラオケで歌っても 反社に流れることを
犯歴のある芸能人はお金いっぱい持ってるから売人のいいカモにされやすい。
だからより強い意志とサポートが無ければ薬物からは抜け出せないのだろう。
たぶん今後も娑婆に出るたびに売人に近寄られ、手を出し、再逮捕を繰り返すのだろう。
廃人真っしぐら。人生終わったね。
平成で一番歌われた歌が
世界にひとつだけの花

作ったのは前回逮捕の一年後なんだよね

ホントに止めてるのかなと思ったけど
やっぱやっとったな
もうこの時世
薬物でパクられたアーティストは
アンダーグラウンド以外
戻らない方が懸命

欲に刈られて受け入れた大手のレコード会社の受けるしっぺ返しかもしらんね

ネットではこのような意見がありました。

まとめ

今回の報道を聞いてとても残念な気持ちになりました。

たくさんの楽曲を様々なアーティストに提供しているとても才能のある方が「起こしてしまった事件は今後どのような展開を見せるのかとても気になるところです。

何かわかりましたら追記いたします。

【どんなときも・覚せい剤取り締まり違反】槇原敬之容疑者逮捕で各方面に影響!タクム速報です。 今回お送りする話題は「どんなときも」で有名な歌手のマッキーこと槇原敬之容疑者が覚せい剤取り締まり違反容疑で2度目...