火災

【現場周辺騒然!・博多ポートタワーで黒煙!】火災原因・けが人は?改装中の作業員避難

タクム速報です。

今回お送りする話題は博多ポートタワーで火災が発生し3人が病院搬送された報道です。

ポートタワーは2019年6月から改修工事中といことで改修工事の作業員や展望室の上に位置している市の無線局の職員などが避難しました。

調べではこの火災で3人が病院へ運ばれたということです。

警察や消防が火災の原因を調べているということです。

タップ・クリックできる【もくじ】で読みたい記事にジャンプ!

火災の概要は?

この火災は毎日新聞が報道しています。

14日午後3時すぎ、福岡市博多区築港本町の博多ポートタワー(高さ100メートル)から煙が出ていると119番があった。福岡市消防局などによると、ポートタワーは2019年6月から改修工事中で、作業に当たっている業者や、展望室の上階にある市の無線局の職員は避難し、3人が病院に搬送された。約2時間後に鎮火し、消防局が原因を調べている。

当時最上階にいたという女性は、消防からの確認電話で焦げ臭さに気付いたといい、非常階段を使って逃げたという別の男性は「市から『逃げてください』と連絡を受けて避難した。驚いている」と困惑した様子だった。現場周辺は緊急車両や煙を見上げる人たちで一時騒然とした。

博多港のシンボルとして親しまれている博多ポートタワーは、東京タワーや通天閣を設計したことで知られる建築構造家の内藤多仲氏が設計し、1964年10月に完成した。

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200214-00000061-mai-soci

火災の報道内容でした。

場所は?

火災現場は福岡市博多区築港本町の博多ポートタワーです。

高さは約100メートルあり1964年10月に完成してます。


ネットの反応は?

ネットではどのような反応があるのか見ていきます。

博多ポートタワーって1964年完成なのか?すでに55年経ってる。

東京タワーよりは新しいけどね!

タワーで火災が起きたらそこにいる人はパニックに陥りかねない!

原因は何だったんだ!改装工事中だったらしいから何かの火花でも引火したんかな?
地上100メートルで火事が起きたら逃げ場が階段かエレベーターしかないからみんなが一目散に殺到するから二次災害が起きるでしょう!

ネットでの反応でした。

まとめ

今回の報道は博多ポートタワーでの火災の報道でした。

完成してから50年以上過ぎているので防火設備などは今の基準を満たさない

ものもあるかもしれません。

改装中の火災騒動ですが安全対策は万全だったのか問われそうですね。