クルーズ船

【消えたシウマイ弁当どこへ?】クルーズ船に搬入したシウマイ弁当が行方不明に!

タクム速報です。

今回お送りする話題は【消えたシウマイ弁当どこへ?】クルーズ船に搬入したシウマイ弁当が行方不明に!という報道です。

この騒動は横浜の崎陽軒がシウマイ弁当4000食を新型肺炎のため横浜港に停泊中のクルーズ船ダイヤモンドプリンセス号に善意の寄付をしたことから始まります。

搬入したその日の昼食に間に合うように午前中には搬入は済んでいたのでした。

しかし、おもわぬ展開になってしまったのです。

タップ・クリックできる【もくじ】で読みたい記事にジャンプ!

シウマイ弁当が消えた概要は?

 

乗客が新型コロナウィルスに感染したため、神奈川県横浜市の大黒ふ頭に接岸しているダイヤモンド・プリンセス。この乗客や働く人たちに崎陽軒(きようけん)が寄付したシウマイ弁当4,000食が、船に積み込まれたものの、乗客らに配られなかったことがわかった。

 

シウマイ弁当が消えた報道内容でした。

場所は?

シウマイ弁当が消えた場所はクルーズ船が停泊している横浜港です。

シウマイ弁当はクルーズ船に搬入されているはずなので

船の中で消えるわけはないかと思いますが消えたシウマイ弁当はどこへ?いったのでしょう?

 

ネットの反応は?

ネットではどのような反応があるのか見ていきます。

ニュースなどで見ていると食事はほとんど洋食みたいなので和食とか食べたくなりますよ!

シウマイ弁当たべたかったでしようね。

誰かが持ち帰った!4000食も!
弁当を搬入する側と受け入れる側でうま連携できていなかったなじゃないの?もったいないですよね!

ネットではこのような意見が見られました。

まとめ

崎陽軒の善意が無駄になってしまいました。

崎陽軒はまさかこんなことになるとは思ってもいなかったことでしょう。

困惑の色を隠せないでいるようです。

なぜこうなったのか原因を究明するべきでしょう。